• ホーム
  • 男性型脱毛症の月にかかる治療費の平均

男性型脱毛症の月にかかる治療費の平均

髪を気にする男性

男性型脱毛症は別名AGAとも呼ばれ、文字通り男性に現れる症状で、頭頂部や前髪の生え際が薄くなったり、毛が抜け落ちていきます。
薄くなる部位に対応してM字型やO型、U型などと分けられ、進行性のために放置していても症状が悪化していきます。
男性型脱毛症の治療は一般病院やAGA専門のクリニックなどで治療を受けることができ、基本的に薬物療法がメインとなります。
薬を飲んだからといってすぐには効果は発揮されず、薄毛の進行を抑えたり、発毛を促進することで髪の毛を増やす方法となりますが、効果を実感できるまでは早くとも半年以上の期間が必要となります。
大前提として男性型脱毛症の治療には保険が適応されないので、自由診療となり診察代や薬代など、全ての費用が自己負担となります。
まず病院の診察は1ヶ月に1回程度で十分なので、初回なら5,000円前後、2回目からは2,000円か無料になるところもあります。
薬は薄毛の進行を止めるフィナステリドなら1ヶ月分の処方で7,500円前後が必要で、発毛を促進するミノキシジルは育毛剤などの外用薬なら3,000円ほど、内服薬であれば10,000円はかかります。
フィナステリドとミノキシジルを併用するとより効果的な発毛が可能となっているので、両方を一緒に処方してもらうと、内服薬では17,500円、外用薬では10,500円となります。
最も効果的な薬物療法で1ヶ月の治療をするとなると、平均的には22,000円くらいになります。
ただし、自由診療であることから、治療費や薬代は病院の言い値となり、さらに血液検査など他の検査を行う病院もあることから、ここで出した平均の価格とは大きく異なることもあります。
また、AGA治療薬は病院処方だけでなく、通販で購入するといったことも可能です。基本的に通販で購入する方が金銭的な面では病院処方よりお得なので、長期的な使用が前提であるAGA治療薬の場合は一度病院処方を受けて問題が無いとわかればその後の分は通販で購入する方法も良いでしょう。
その際はプロペシアのジェネリックを通販で買い揃えると便利です。
先発医薬品であるプロペシアと比較してエフペシアというジェネリック医薬品はさらに価格が安くなっていますので、さらにお得に治療することが可能です。
ジェネリック医薬品と先発医薬品は同じ有効成分が含有されており、効き目は基本的に違いはないとされています。
エフペシアは手ごろな商品のため人気商品となっています。
見つけた時にまとめ買いすると割引を受けつつストックすることができます。

最近の投稿
アーカイブ