• ホーム
  • 20代の男性型脱毛症とがんについて

20代の男性型脱毛症とがんについて

鏡を見て、櫛で髪を梳かす男性

薄毛や抜け毛というとある程度年齢を重ねた男性の悩みというイメージを持っている人も多いでしょう。
しかし、最近では若くても禿げてしまう人が増えています。
20代の禿げは男性型脱毛症(AGA)と呼ばれており、男性ホルモンが関係しています。
男性ホルモンの中にテストステロンというものがあり、このテストステロンには筋肉の量を増やすなどの作用があります。
そのため成長するために必要な物質ということなのですが、このテストステロンと還元酵素である物質が出会うことにより、テストステロンがDHTという物質に変化してしまいます。
そして、毛乳頭に存在する男性ホルモン受容体にDHTが作用してしまうため、髪の毛のサイクルが乱れてしまうということです。
それによって髪の毛がしっかりと成長する前に抜け落ちてしまうということなのですが、早めに対策していくことで20代の禿げの進行を食い止めることができます。
20代の禿げである男性型脱毛症の治療方法について詳しく知りたいという場合、インターネットで調べてみると良いでしょう。
男性型脱毛症に効果の高い育毛剤を使うためには医師による処方を受ける必要がありますが、市販されている育毛剤を使ってケアする方法もあります。
がんの告知を受けた場合、手術療法や化学療法、放射線療法といった3つの治療方法を提示されることになります。
これまでは手術でがんの治療をすることが多かったのですが、近年では化学療法や放射線療法が進歩しており、がんの種類やステージによっては手術と同じくらいの効果を期待することができます。
さまざまな検査を行うことでどの治療方法がその人のがんに有効なのかを医師が調べることになります。